プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

native2asciiの逆変換

-reverseなんていうオプションがあるなんて知らなかった。。

C:\work\test>more test.properties
key1=あああ
key2=いいい

C:\work\test>native2ascii test.properties test_ja.properties

C:\work\test>more test_ja.properties
key1=\u3042\u3042\u3042
key2=\u3044\u3044\u3044

C:\work\test>native2ascii -reverse test_ja.properties test_reverse.properties

C:\work\test>more test_reverse.properties
key1=あああ
key2=いいい

C:\work\test>diff test.properties test_reverse.properties
2c2
< key2=いいい
\ No newline at end of file
---
> key2=いいい

C:\work\test>

改行が付与されてるっぽいですけど、実害はなし。よさげな感じですね。