プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

松本清張の「疑惑」を見る

本でも読んだのですが、レンタルビデオ屋に行ったらたまたま見つけたので、借りてみました。相当昔の映画らしく、かなり古めかしい雰囲気がぬぐえなかったのですが、桃井かおりの迫真の演技がかなりよくて、この映画の見所といっても過言ではないでしょう。まあ、ストーリーはほとんど知っていたのですが、結末が少し違うっていうあたりよかったと思います。
ゼロの焦点とか、黒革の手帖とか、砂の器とか、名作も映像化されているので、本がニガテな方は、映像から松本清張の世界を楽しむのも良いと思います。