プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「夜光の階段」読了

夜光の階段 (上) (新潮文庫)
夜光の階段 (下) (新潮文庫)
男美容師が主人公の愛と欲望がうずまくストーリー。今でこそカリスマ美容師とかいるわけですが、この作品が発表されたころってどうだったのでしょうかねぇ。思わず新しいなぁと思ってしまいました。
「渡された場面」を思い出す、男一人、女二人の展開。これはどっちかがじゃまになって、殺してしまうのかなぁとか思ってましたが、それは読んでのお楽しみ(?)
前にも書いたような気がするのですが、やっぱり長編に限ります。僕的には「砂の器」に匹敵する面白さだと思いました。ぜひおすすめします。