プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「流しのしたの骨」読了

久々に松本清張以外の小説を読んだ。ひょんなきっかけから読むことになったのですが、はっきりいってこれは自分に合わない。場面はびょんびょん飛ぶし、内容は結局理不尽だし。別に、全てのことにはっきりした理由とか、理屈とか、背景があるべきだとは思わないが、こうもぼかされてしまうと気持ち悪い。
作品が合わないからといって、作家が合わないとも限らないので、また機会があれば違うのも読んでみようと思います。
流しのしたの骨 (新潮文庫)