プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「虚線の下絵」読了

久々に松本清張の短編集。
この本のタイトルにもなっている「虚線の下絵」と「与えられた生」は、共に画家が主人公で、共に画家という職業のはかなさとかもろさというものを感じました。ストーリーはいずれもよく練られていて面白いと思います。
そういえば、松本清張作品の主人公って、普通のサラリーマンってのはあんまり無い様な気がしますね。サラリーマンじゃあストーリーにならないのかしら?
虚線の下絵 <新装版> (文春文庫)