プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

一生分ほめられた

飲み会の席でですが(汗
僕の雇い主は、50歳を超えているにもかかわらず、一時期オープンソースに携わっていたことがあったらしく、かなり詳しい上に、人脈もかなり持っている様子。
たまたま飲み会で聞かされて知ったのですが、思わぬところで素敵な出会いがあるものですね。
ところで、あるシステムが持っているデータベースの全テーブルのデータを、他のシステムに連携するっていう話があって、その仕組みづくりを担当することになりました。
仕組み自体はすぐ出来たのですが、じゃあテストはどうするって話になって、400テーブルとかあってあまりにめんどくさいので、テーブルレイアウト読んで機械的なデータを作るっていうツール作って流したところ、元の仕組みづくりとあわせて1.5日くらいで完成しました。
実は機械データを作るところはVBSでプロトタイプを作って出来ることはわかっていたので、それをperlに移植しながらごりごり作るだけだったのですが、それがあまりにも手際が良いように見えたらしく、いたく感動を呼んだようです。
そんなわけで、その人はめちゃくちゃ僕のことをほめるし、会う人みんなにその話をして宣伝してくれるので、助かる一方だったりします。
まあ、ほめられているのはそれで良しとして、さらに役に立つようがんばろうと思うのでした。