プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「共犯者」読了

松本清張の短編集。
二つほど今まで読んだのとかぶっていたのですが、なかなかどれも読み応えがあったように思います。
「潜在光景」とか「点」には、作中にめずらしく(?)子供が出てきます。どちらもものすごい影のある子供なので、リアルに怖いですが。
共犯者 (新潮文庫)