プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「クロスファイア」読了

話題の宮部みゆきの長編ミステリー。
前半のテンポのよさ・爽快感に乗って気持ちよく読んでいたのだけれど、後半は思いがけない展開になって結構びびりました。下巻のあらすじに、「衝撃の結末!」とか微妙に安っぽいことが書いてあるのだけれど、いやいや本当に衝撃の結末でした(^^;
パイロキシネス(念力放火能力者)な少女が主人公の物語なわけですが、う〜む、非現実的すぎるよこれ。Googleで探してもあんまり出てきませんね。サイコキシネスの方がメジャーみたいだし、まだそっちの方が信じられるかも。
「R.P.G」にも出てきた(順番は逆だけど)石津ちかこ刑事がいい味を出していて、テーマ的に浮き上がりがちな物語のバランスを取っているように思えました。なかなかいいキャラなので、また出して欲しいところですね。