プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「けものみち」読了

思えば、ドラマ「けものみち」を見てから、松本清張ワールドにハマることになったのですが、とうとう原作を読むことになりました。
http://www.tv-asahi.co.jp/kemonomichi/
ドラマが最終回を迎えてからもう大分経ったのですが、こうして改めて小説を読んでみると、未だにドラマのイメージが抜けていないのが分かります。登場人物それぞれにドラマのキャストの顔を思い浮かべつつ読んでしまいました。
ストーリーは大筋では同じであるけれども、やっぱり細部では色々変えており、小説とドラマではちょっと変わっています。まあ、ドラマを全部が全部見たわけではないし、記憶が薄れているところもあるのだろうとは思いますが。
50冊くらい(?)買った松本清張の本の中で、最後に読もうと決めていたのですが、とうとう全て既読になってしまいました。(ほんとは、「隠花平原」が上だけあって、下が100円で出てくるの待ってたりするのだが)まだまだ名作がありそうなので、ブックオフで探して読もうと思います。
そういえば、今週金曜日にフジテレビ系列(?)で「蒼い描点」やりますね。僕はまだ読んでないのですが、まあ別に活字にこだわることもないので、見ようと思ってます。皆様もぜひ、松本清張ワールドをご堪能ください。
けものみち (上) (新潮文庫)
けものみち (下) (新潮文庫)