プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「隠花平原」読了

隠花平原〈上〉 (新潮文庫)
隠花平原〈下〉 (新潮文庫)
松本清張のミステリー長編。
絵描き×画商×新聞記者×刑事×銀行×新興宗教
っていう感じで、登場する人々が玉石混交で面白いです。
多分、数ある作品の中でも、もっとも死人が出るんじゃないでしょうかね。下巻の後半からすごい勢いでストーリーが展開します。そこまでは推理要素があるので、楽しめたかも。
あと、新興宗教について財源がどうとか、学校の先生が教祖になったりする例があるとか、結構詳しく書いてあるのが、ちょっと興味深かったです。まあ、僕は宗教には全く興味ないですが。(って書くと、クリスマスとかどうすんのよっていう話になりそうですが。それは置いといて)
しかし、久々に松本清張読みましたが、全く違和感無くストーリーに入っていけますね。読みなれてるってのもあるんでしょうけど、やっぱり作品の感じが好きです。