プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

(やっぱり)使えるツールは勝手に広まる(ようです)

3ヶ月以上前に作成した、汎用機にFTPでつないで高速ダウンロード&見やすい形式に変換ツール(ビューがHTAで操作しやすい)ってのがあるのですが、最近ようやく認知度が上がってきて、使われ出したみたいです。
大概ツールを作ってまいてみると、結構な勢いで広まっていくのですが、いいわけじみたことを言えば、汎用系技術者とオープン系技術者の隔たりというか、偏見のようなものがあるようで、なかなか広まらなかったようです。
今回の突破口は、汎用系技術者の中でも、少しはWindowsとかに詳しい人に対して対面で刷り込んで、その人からまたじわりと広まっていったというわけです。
こういうのを、外堀から埋めるっていうのかなぁ。まあ、別に本丸があるわけじゃないんですけどね。