プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

「日本銀行―何が問われているのか」読了

一応金融系ってことで、読んでみました。
日銀HomePage: http://www.boj.or.jp/
発行銀行券って、貸借対照表では負債に分類されるんだそうな。お金を発行する代わりに、金だの国債だのといった資産を保有しているってことらしい。
日銀の平成13年度の決算資料(ちと古いが): http://www.boj.or.jp/type/release/teiki/gaikyo/data/act02c.pdf
前から印刷するだけでお金になっちゃうんだったら、なんかバランス取れないんでないの?とかお間抜けな疑問があったわけですが、ちゃんとバランス取れてるんですね。
どこかの地下金庫(?)に、それらの資産が置いてあるとかないとか。絶対金庫破りされないよう、すごい厳重な警備になっているそうですが。金庫破りな映画としてダイハード3が紹介されてました。ちと見てみたい。
あともう一つ興味深かったのは、紙幣は何枚で支払っても問題ないのに、貨幣は20枚までということ。
例えば、210円のものを10円玉21枚で払おうとした場合、お店側は拒否できるのだという例が載ってました。
ここに載ってます: http://www.boj.or.jp/oshiete/money/05100003.htm
意外と興味深かったかも。