プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

z/OS版DB2はちと不便

客が夏休みモードになってしまったので、そのスキに作業をかなり進めて、大分挽回した模様。
前に作った、データセットExcel変換ツールを改造して、Excel→データセット変換ツールを作って、DB2 on z/OSにデータを突っ込んだり、入力データを作ったりに重宝してます。
そういや、UNIX版(多分Windows版)のDB2だと、CSVファイルをインポートしたり、エクスポートしたり出来て、Oracleには無い(作れば出来るけど)便利な機能だなぁと思った記憶がありますが、z/OS版は、CSVのエクスポートは出来るものの、インポートは出来ないっぽいです。
しかも、数値型の場合、なぜか必ず16bytesの領域を取る前提になっているらしく、zeroパディングしてあげる必要があったりします。
例えば、全体が18桁、小数部が4桁の数値型の場合、パック10進数の符号部を含めて19桁になり、全部で10bytes、残り6bytesをzeroパディングするっていうような感じです。
+1234.5678のバイナリな表現はこんな感じ。

0000002468000000
000001357C000000

非常に見づらいですね。。