プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「楢山節考」読了

楢山節考 (新潮文庫)

楢山節考 (新潮文庫)

正直読んだ後はあんまり良く分からなかったのですが、解説読んでちょっと分かりました。
姥捨山っていう昔の風習を描いた物語だったのですね。うーん、背景が分からないと理解できない物語ですよこれは。
ちなみに映画化もされたそうです。


解説にもあるように、普通は働けなくなって捨てられてしまうところを、自ら積極的に捨てられに行くというところが面白いです。
70歳になるおばあちゃんなのに、歯が丈夫で子供からバカにされると言っては、自ら歯が欠けるように火打石でたたいてみたり、もうむちゃくちゃです(汗


最後には覚悟を決めて山に登るわけですが、なんで姥捨なんて習慣があったのでしょうね。
物語中に、食糧難だったことが随分書かれていますが、そういうのも一因なのでしょうかね。
とにかくそんな習慣が残ってなくてよかったですね(汗


ちなみに、他の短編はあんまり意味が分かりませんでした。。
うーん、難しい。