プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

カエル!ジャパン

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現に向け、ひとつ「働き方」を変えてみませんか?

だそうです。
ホームページはこちら:http://www8.cao.go.jp/wlb/


ワーク・ライフ・バランスって、結局のところ、仕事をしない時間は何するの?ってところだと思うんですよ。
でも、きっと大概のマジメな日本人は、困ってしまうと思うんですよね。
僕は今仕事してない状態ですが、仕事をしているときは早く休みたいと思うし、休んでいるときは仕事しないとっていう強迫観念に駆られるもんなんですよ。
多分、平均的な日本人は、ほとんどこういう風に感じるのではないのかなあ。


逆に、だんなが家にいることで、ごはん作ったり色々しなければならなくなった奥さん方の負担が増えて、
ライフ・バランスを崩しかねないような気もします。
大体、だんなは仕事が休みになったからって、家事や育児を手伝うとは限らないわけで、何か趣味に走ったり、むしろごろごろしたりする可能性の方が高いのですよね。経験的に言って(汗


で、時間が余ると、何かしようとかどこかへ行こうってことになるのですが、
大概の場合、カネがかかるのです。
そうすると、やっぱり休んでる場合じゃないよ、カネ無いよ、働かなきゃってことになるわけで、
ワークとライフを行ったり来たりするのが、ワーク・ライフ・バランスってことになってしまうわけですね。これはこれでアリかもなあ。
実際僕もそんな感じですが、やっぱりフリーだから成し得るワザって感じですよね。
会社員では難しそう。社長とかになれば別なのでしょうけど。


平塚のような片田舎に住んでいるせいもあるかも知れないですが、平日の街中を歩いてみると、既に退職されているであろう年配の方と、主婦と子供が大半を占めてます。
僕みたいのが歩いていると、かなり浮きます。


ある意味自由な時間を持っているのは、これらの人たちだけなのですよね。
でも、働きながらも若いときに自由な時間を持つってことは、結構価値のあることのような気がするのですよね。
僕はそれほど活用できているわけではないですけど。
なので、「働きながらも若いときに自由な時間を持」てるような社会にしていこうという取り組みなのであれば、大いに歓迎なのかも知れません。