プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

イケテルJRuby勉強会@東京

ただいま参加中です。
なんとIP Reachableなんです。素晴らしい。
とても寒いです。。orz


今朝帰りました。とても眠いです。
いくら寝ても寝たりないんです。。
風邪は今のところひいてないらしい。でも潜伏期間3日くらいだからなあ。


それはさておき、勉強会素晴らしかったです!
そもそも、このイケテル勉強会は、
Rubyビジネス・コモンズ(略してRBC)というコミュニティの中で行われているものです。
(RBCのブログもあるらしい。)


RBCの主催者は、株式会社イーシー・ワン代表取締役社長をされている最首 英裕さんで、
もともとイーシー・ワンJavaを強力に推進していた会社だったと思うのですが、
今ではRubyを強力に推していて、その本気っぷりが伝わってきました。
RBCを通じてさらに推し進めようとしているようです。
なんかRubyキターって感じですね。ほんとに。


さてセミナーの内容ですが、こんな感じでした。


個人的には、Java + Swingも、Ruby + Railsもある程度知っていたので、環境構築でMySQLがうまくつながらなかった(MySQLをインストールするときに、TCP/IPオプションonにしないとダメ?)以外はわりと簡単でした。
なにが素晴らしいって、rubeusですよ。
Java + Swingの苦しみを知っている人なら、このサンプルを見れば分かると思います。

http://code.google.com/p/rubeus/source/browse/trunk/examples/rubeus_swing_example01.rb

クライアントにJREはあるとしても、JRubyをインストールしなきゃいけないのはありえないとかいう意見があったり、
僕も、数日前のRIAセミナの影響もあって、イマドキはFlex/AIRでしょとか思ったりしたけど、
自分用のオレオレGUIツール作ったり、あるいは、小規模なら運用面は耐えられそうなので、
開発生産性 + 保守性を取るっていう手もあるなあと思いました。


セミナの内容も素晴らしかったですが、アツイ人達と会えたこともまた素晴らしかったです。
僕が数日前に仕入れたばっかりの、Googleストリートビューとか、Flex/AIRとか、BlazeDSとかいう単語がさくさく通じてしまうばかりでなく、知らない言葉をざくざく吐いてくる人も結構いて、大変勉強になりました。
今後もこういうコミュニティ活動を通じて、色んな人と会ってみたいですね。
(そのうち受信してるばっかりじゃなくて、発信できるようにならないといけないのだろうけどね。。)


なにはともあれ、主催者の皆様も、参加者の皆様もお疲れ様でした。