プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

勉強会(プチ発表会)でした。

たまの緊張感はなかなか良いものです。
いわゆるソナチネ1番(クーラウ作曲; 作品No.20-1とも言うらしい)やりました。
スケールで指がつるつるすべってころんでしまいましたが、まあ表現としては良かったかなと。


反省会でも色々話が出たのですが、耳コピー(MIDI制作の耳コピーは聴いてMIDIを作ることですが、ここでいう耳コピーは聴いて譜面を見ないで弾くこと)は良くないねと。
かくいう僕も劣化耳コピー&暗譜派なので、とりあえず両手で弾けましたの段階で譜面を見るのをやめてしまうのはやめようと思いました。
端的に言えば、正確に譜面通り弾けることも大事だし、表現豊かに弾けることも大事だということでしょう。


次回はもう少し難しい曲にチャレンジしたいところです。