プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

Adobe Premiere Elements 7.0の評価版がダウンロード可能になりました。

ダウンロードはこちらから。
http://www.adobe.com/jp/products/photoshopelwin/


以前、Ulead VideoStudio12か、Adobe Premiere Elements7の導入を検討中で、Ulead VideoStudio12を評価したときの基準を元に、使ってみました。

  • DVDからの動画の取り込み
  • 動画のトリミング
  • タイトルオーバレイの追加
  • 写真を取り込んでムービーを作る (忘れてたので追加)
  • 音楽の追加
  • ファイルへの書き出し

タイトルオーバレイのところだけ、なんだかめっさやたらと機能てんこ盛りで、ちょっと迷ったものの、他の作業についてはほとんど迷うことなく出来ました。
adobeだけに、操作に慣れるまで時間がかかるかと思ってたのですが、そうでもなかったので良かったかも。


というわけで、将来を見込んでBlu-ray対応のあるAdobe Premiere Elements 7.0か、
シンプルで安いUlead VideoStudio12か、という選択になりそうです。
Ulead VideoStudio12も、Plusが付けばBlu-rayも対応してるけど、値段は高い...と思ったら、ダウンロード版は12,000円なのですね!Adobe Premiere Elements 7.0のダウンロード版が13,800円なので、Ulead VideoStudio12 Plusも評価すべきかも。戦略的な価格設定ですね。


どっちにしてもしくじったのが、
動画編集ソフトって、むちゃくちゃCPUパワー食うものなんですね。
どっちのソフトもマルチコアCPUに最適化されているらしい。
こんなことならCore2 Quadにしとけばよかった。。ちと後悔。