プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日」読了

犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日 (文春文庫)

犠牲(サクリファイス)―わが息子・脳死の11日 (文春文庫)

この本を読んで、脳死に対するものの考え方が変わりました。
移植医療のための脳死判定を考えれば「脳死=死」なのでしょうけど、脳死と判定されても血圧、体温ともに正常を数日は保ち続けるってのは、死んだとは考え難いと思います。
僕も一時期、臓器提供意思表示カードを持ってましたが、今考えると何も考えてなかったなあと。
今この本を読み終えた直後では、正直持ちたくないというのが本音です。


自分の辛い体験を、本という形で世に出した筆者の精神力はすごいと思いました。