プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

不合格。。

11g新機能試験受けてきましたが、不合格でした。
合格ライン61%に対して、結果正解率55%。
惜しいっちゃあ惜しいけど、残念ながら不合格。
15,750円が飛んでった。。


試験結果レポートによると、以下の項目を確認、復習いただくことをお勧めいたします。だそうです。

  • Oracle Database 11gのインストール
  • データベースの複製
  • 大規模なファイルの複数セクションでのバックアップ
  • リカバリ・カタログの管理
  • RMAN用の仮想プライベート・カタログの作成
  • フラッシュバック・データ・アーカイブの概要
  • フラッシュバック・トランザクション・バックアウト
  • サポート・ワークベンチの使用
  • ヘルス・チェックの実行
  • SQL修復アドバイザの使用
  • データ・リカバリ・アドバイザの概要
  • データ・リカバリ・アドバイザを使用したデータ障害の修復
  • セキュアなパスワードを使用するためのパスワード・ファイルの構成
  • 外部ネットワーク・サービスへのファイングレイン・アクセスの構成
  • SecureFileラージファイル(LOB)の圧縮、暗号化、重複除外、キャッシュ機能を使用したドキュメントの保存
  • SQLおよびPL/SQL APIを使用したSecureFile LOBへのアクセス
  • 一時表領域の拡張
  • スケーラビリティおよびパフォーマンスの拡張の理解
  • ASMCMDのmd_backup、md_restoreおよびremap拡張の使用
  • SQL計画ベースライン・アーキテクチャ
  • SQL計画ベースラインの設定
  • SQL計画ベースラインの使用
  • ワークロード取得およびリプレイの概要
  • ワークロード取得およびリプレイの使用
  • 自動SQLチューニングの設定および変更
  • AWRベースラインの作成と使用
  • AWRベースラインの目トリックしきい値の設定
  • 新しいパーティション化メソッドの実装
  • PL/SQLを使用したSQLアクセス・アドバイザ分析セッションの作成

うーん、多すぎる。
出直してきます。。