プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「生物と無生物のあいだ」読了

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

以前、Stack Stock Booksのデータを使ったオレオレリコメンデーションで、
一押しとなったのが、この「生物と無生物のあいだ」だったわけですが、
なんか気になって仕方がなかったので、買って読んでみました。


巷で噂だった、よしもとばななの推薦ってのもあり、期待して読んだのですが、
生物学の神秘を素人に分かる文章で表わしてくれているので、
非常に読みやすく、かつ、面白かったです。


原子レベルで見ると、絶え間なく入れ替わっており、
今の自分が次の瞬間には、もう違う自分になってるとか、
考えただけでも面白いものです。


本書のもう一つの側面として、研究者という職業についての知識を与えてくれます。
野口英世は、実は海外では評価が高くないといった話や、
地道な研究から、いかに大発見へとつなげるかの手順についての説明、
研究成果がリークしてしまったために、他人へ成果を横取りされてしまった話など、
光も影も垣間見ることができます。


というわけで、オススメされているだけのことはあるなという本でした。