プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「望郷と海」読了

望郷と海 (ちくま文庫)

望郷と海 (ちくま文庫)

敗戦後、捕虜としてソ連へ連行され、8年もの間厳しい服役生活を送った著者の記録。


幾度も他の囚人の死に直面し、劣悪な食料事情や、極寒の地での強制労働など、
極限の生活をくぐり抜けた著者の想いが、日記にシンプルに記されています。

 もっとも単純な質問から始めよう。僕は自由であることを欲するか? しかり、欲する。新しい、まったく新しい生活を欲するか? しかり、切に欲する。虚無と不毛の人生を憎むか? しかり、憎む。この答えは、僕にとってもはや揺がないのである。答えは、僕にとって、このように単純である。ここから、すべてを始まらせようではないか!

戦争の一つの側面を、また新たに知った。というか知らなすぎる。