プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

「嫌われない毒舌のすすめ」読了

嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)

嫌われない毒舌のすすめ (ベスト新書)

あだ名つけ芸で有名な有吉さんが書かれた、コミュニケーション術、処世術の本。
芸人ならではのワザってのもあるような気がしますが、
自分の場合はこうで、サラリーマンだったらこう。みたいな感じで解説してくれています。


これはやりたいなあと思ったのが、
マイナスの印象を持たれている相手に取り入るには?
です。

 相手が気に入ってる人に、間に入ってもらうことです。
 まずは、その相手が好きだなと思ってる人から、徐々に落としていけばいいんです。
 「あいつ、なかなかいいヤツですよ」
 みたいなことが周囲の人から伝われば、その人の見る目は確実に変わってきます。
 「そうかな……」
 とか言いつつ、少しずつだけど、マイナスからプラスに変わってくるものです。

職場での人間関係って、やっぱりスムーズに行く人と、そうでない人っていますが、
こうしたワザを知っていると、ストレスを軽減できますよね。


もう一つ、この考え方は好きだなと思ったのが、
人付き合いは「そこそこ」の浅い関係がいい
です。

 僕が考える人付き合いっていうのは、基本、すべて「浅い関係」です。
 上司や先輩、後輩、同期、友達、すべて含めて、深くは付き合わなくていいと思うんです。よっぽどの友人じゃない限り、薄っぺらな付き合いでいい。上辺だけの関係で十分なんです。
 そもそも、そんなに深い付き合いを、相手も求めてないと思うんですよね。そんなにガッツリと付き合う相手って、それほどいないんじゃないでしょうか?

家族を除くと、深い付き合いをしている人っていないですが、
いない分、余計な負担をしなくて済んでいるというのはあると思います。
人によっては、寂しいとか思うのかも知れませんけどね。