プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた」読了

ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた
ドリーム―成功者が教える魂の富の作りかた

どこで見つけたか

楽しい投資podcastで紹介されていました。
http://1tpc.seesaa.net/

概要など

帯より。

資産を築く方法「不労所得」についてわかりやすくレクチャーした、感動の「ハッピー&サクセス」小説!

「感動の」は本当で、最後の辺りでうるっときてしまいました。
ちなみに、著者自身の体験とも、かなり重なるそうです。
経営者を目指す人には、かなりおすすめの本なのではないでしょうか。

印象に残ったところなど

「ということは、不労所得は……なんていうのか、よくないものなんでしょうかね」
「よくないってわけじゃないよ。ただ、働けることは大きな喜びなんだってことを知ってほしいんだよ。私は今までに働かずに収入を得ている人たちを何人も見てきたけど、ただ遊んでいる人たちはたいてい澱んでくるんだよ」

よく宝くじで高額当選して、その後ロクな人生を送らないとか言いますが、やっぱりそうなんですかね。
僕も口では、「宝くじ当たっても仕事は続ける」とか言う派ですが、実際どうなるかは分かったものではありません。

「10年くらい前の私はビジネスにばかり目を向けていて、家にはほとんど帰らなかったんだよ。ビジネスも急成長していたし、出店するとなると24時間態勢で準備にかかるからね。それが1年に2店3店と続くと、ホテル住まいになって家に帰れなくなってしまうんだよ。若いスタッフたちとわいわいやって楽しいしさ。
 そんなことを何年か続けていたら、妻がうつ病になってしまってね。ひとりで2人の子供を育てていたからストレスが溜まっていたんだな。あいつの実家は地方で、こっちにはほとんど知り合いがいないんだ。

かくも育児のストレスは強大なものなのか。
父親の育児参加でも、一時保育でも、保育ママでもなんでもいいから(なんでもはダメか)使えるものは使うべきなのだろうなあ。
うちの奥さんは自分の実家に住んでいるし(まあそれが故のストレスもあるらしいけど)、一人で子供を育てなければならないということもないのだけど、
ストレスたまるんだろうなあ。
続く文も強烈。仕事と家庭の両立について、色々考えさせられる。