プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

【YASS勉強会 vol.1】世界を変えるITエンジニアとはに行ってきた。

なんか勉強会とか行くの久々。
色々と刺激を受けましたのでメモ。


セミナーの内容については、
【YASS勉強会 vol.1】世界を変えるITエンジニアとは に参加しました - 俺たちに明日は無い
にまとめられているようなので、
個人的に印象に残ったところなど。

言い訳するな!

講演者のお二人(市原さん、疋田さん)ともに言われてました。
72時間寝ないと、鳴っていない電話を取ってしまう話とか印象的。


ただ、正直なところ、

  • いやほんとそうだよね。自分で責任を負って、言い訳しないようにしないと。
  • なにそんなマッチョなこと言ってんの。ついて行けない。

というのが半々でした。
マッチョとウインプのあいだ、みたいな中途半端な感じ。


言われてみれば、今の会社は自分で選んだにしても、今の仕事を選んだわけではないよなあと。
で、やっぱり、今の仕事に不満を持つときは、どうせ自分が選んだ仕事じゃないし。
という言い訳をしているときもあるよなと気づく。
じゃあ、どうすれば主体的に今の仕事に取り組めるようになるのだろう。
もしくは、主体的に取り組める仕事は他のところにあるのか。

SIer自嘲気づきなど

何故か自分でも分からないのだが、自分がSIerであることに引け目を感じているようだ。
自己紹介するときも、所詮SIerです。みたいな話し方をしてしまった。
自嘲もダークサイドですかね。


そんな中、グループディスカッションでWeb系をやっている方が、

たくさんユーザの抱えたWebサイトは、最大公約数的なものを目指さざるを得ない。
もっと特定のユーザのニーズを満たすものを作りたい。
という意味で、SIerで仕事をしてみたい。

みたいなことをおっしゃっていて、SIerに対してプラスの見方もあるもんだと、純粋に感心した。
なかなかどっぷり浸かっていると分からないことも多いもんです。

SIer的な上流・PM志向 vs Web系

今の会社には、上流・PM志向というのがあって転職したものの、
最初こそ新鮮だったものの、近頃はわりと退屈な仕事が続いていたりする。
本当はWeb系みたいな花形でやりたいのではないか?
という考えが頭をもたげてくるのもまた事実。

  • 隣の芝が青いだけでは?
  • 今の安定した生活を失いたくない
  • Web系でやっていくだけのスキルが自分には備わっているのだろうか(またはついて行けるだろうか)

などなどの言い訳が浮かんでは消えてたりします。


ただ、今回グループディスカッションの中で自分の仕事とか、
どうなりたいかとか話しして分かったのは、
今の仕事が、わりとユーザに近いこともあり、
上流・PM志向には合っているのだなということ。
ある意味正しい道を進んでいるようだ。


このまま突き進むか、それともWeb系に転身するか。
そもそも、なんで昔、技術志向だった人間が、いつの間に上流・PM志向とかになったのだろう?
考えて、考えて、考え抜かねば。

というわけで

別に何かの結論が出たとかいうわけではないのですが、
自分の知らない自分を発見できたみたいで嬉しかったです。
ひきこもってばかりいないで、たまには外に出て人に合わないとダメだなあ。