プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

一泊二日の電車旅に出て感じた、モバイルSuicaの利点三つ。

日常生活では、ビュースイカになんの不便も感じていないのですが、
旅に出ると奥さんが使ってるモバイルSuicaが便利そうだったのでメモ。

どこでもグリーン券が買える

グリーン券情報をSuicaに記録して、乗車したときに頭上のグリーン券情報読み取り部に読ませるわけですが、
グリーン券情報を記録できるのは、改札の外の券売機か、ホームの中にあるグリーン券売機で、
ビュースイカだけだと、そこまでいかなければなりません。
が、モバイルSuicaであれば、どこでもグリーン券が買えます。


改札の中に入る前なら、券売機を探すのは、そう大変なことではありませんが、
改札の中に入ってしまうと、一応案内があるとはいえ、グリーン券売機を探すのはわりと困難です。
(全ての駅・ホームにグリーン券売機ってあるのかしら?)
特に急いでいるときなど、その探す手間を省けるというのはメリットだと思いました。


(参考) えきねっと(JR東日本)|旅どきnet>普通列車グリーン車>Suicaシステム

モバイルSuicaだと車内でグリーン券を買っても車内料金を取られない

グリーン券を持たずにグリーン車に乗車した場合、
(車掌さんに見つかった段階で)通常のグリーン料金+割増料金(+250円)を取られるのですが、
これが、モバイルSuicaだと割増料金を取られません。

※ 「モバイルSuica」でお求めの場合(モバイルグリーン料金)は、事前料金と同額です。


これも急いでいるときなど、とりあえずグリーン車に乗ってしまって、
それからモバイルSuicaでグリーン券を通常料金(割増なし)で買うってのが出来ます。


僕がグリーン車を利用するのは、大抵の場合寝坊して遅刻しそうで、かつ、
眠くて仕方がなく絶対に座りたいという場合なので、
つまり急いでいるときなのですが、このワザは便利に使えそうです。
最近は、そういうシチュエーションあんまりないですけどね。。

購入履歴が取れる

家計簿を付けるために、Suicaで電車乗ったり、バス乗ったり、買い物したりするたびに、
いちいちメモを取っていたのですが、
モバイルSuicaなら、購入履歴が見られます。
あとでまとめて家計簿に転記とか出来て便利ですね。


(参考)JR東日本:モバイルSuica>利用方法>SF(電子マネー)>残額・履歴確認

モバイルSuicaにしない理由はない!?

いや、もちろんデメリットもあります。

他、携帯電話の電池切れや紛失、盗難リスクの点もご検討ください。
私は電池切れリスクについては、常に充電用の補助バッテリを持ち歩くことで備えています。
(これが理由でモバイルSuicaにしない人もいます)


機種変更の手続きは、わりと簡単なようだ。
(参考)JR東日本:モバイルSuica>各種手続き>機種変更


ガラケーをやめられないというのが、実は一番いやだったりして。

というわけで

結局モバイルSuicaにはしないかなあ。(こんだけ書いておいて)