プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

電子書籍を自炊する環境を段階的に整えてみる

前提

現状

自宅 移動中 職場
蔵書は全て閲覧可能 持ち歩いている本のみ閲覧可能 持ち歩いている本のみ閲覧可能
問題点
  • 重量の問題で、持ち歩ける本に限りがある。

ScanSnap導入後

自宅 移動中 職場
蔵書は全て閲覧可能 持ち歩いている本
+自炊した文庫・新書サイズの本のみ閲覧可能
持ち歩いている本
+自炊した書籍全てが閲覧可能
問題点

iPad導入後

自宅 移動中 職場
蔵書は全て閲覧可能 持ち歩いている本
+自炊した書籍全てが閲覧可能
持ち歩いている本
+自炊した書籍全てが閲覧可能
問題点
  • 本をばらすのはカッターで行う。ゆえに、量はこなせない。(同上)
  • ただし、iPadは700グラムあるので、移動中に立ちながら本を読んでいると、手がつる恐れあり。
    • 座れるときだけiPadで読むか、電子書籍閲覧用の良い端末が出るのを待つのが良いかも。

+裁断機導入後

自宅 移動中 職場
蔵書は全て閲覧可能 持ち歩いている本
+自炊した書籍全てが閲覧可能
持ち歩いている本
+自炊した書籍全てが閲覧可能

というわけで

まずはScanSnapを導入すべきという結論に至りました。
カッターで本をばらすワザ(?)を調べないと。。