プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス」読了

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

JavaScript: The Good Parts ―「良いパーツ」によるベストプラクティス

先月のExt JS&Sencha Touch勉強会10月@東京で、
JavaScript勉強するなら、ということで紹介されたのが、この本とサイの本。
JavaScript 第5版

JavaScript 第5版

==と、!=は、邪悪な演算子で、===と、!==を使うべき。

とか、

return
{
  status: true
};

は、オブジェクトを返却するように見えて、
実はundefinedを返してしまうから、

return {
  status: true
};

と書く必要があること。
このため、ブロックの中括弧を書くときは、
必ずこのK&Rスタイルにすること。
とかが、ひどいパーツ、悪いパーツなどとしてまとまっており、参考になった。
他はわりとサイの本と被ってるような気がします。。


本書の中で出てくる「鉄道ダイアグラム」は、
Oracleのマニュアル(例えばSQLとか)で見慣れておいて良かったね。と思った。