プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

OmegaTの便利機能(というか翻訳メモリという本質) - 参考訳文

機械翻訳(Google Translate)と、辞書だけあれば十分便利なOmegaTですが、
参考訳文という便利機能を見つけたのでメモ。


File: SASS_REFERENCE
を訳しているときに、まず、

The @debug directive prints the value of a SassScript expression to the standard error output stream.

@debug命令は、標準エラー出力に、Sassスクリプト式の値を出力します。

と訳しました。次に、

The @warn directive prints the value of a SassScript expression to the standard error output stream.

というさっきと似たような文が出てきたときに、
参考訳文ウインドウに、以下のように表示されました。

1) The @debug directive prints the value of a SassScript expression to the standard error output stream.
@debug命令は、標準エラー出力に、Sassスクリプト式の値を出力します。<93/93/97% >

どうやら、原文の類似度を測って、表示してくれる機能のようです。
長い文であればあるほど、似たような原文に遭遇する確率は高くなるでしょうから、
一貫性のある訳文を作るのに、便利な機能だと言えます。
なお、スコープはプロジェクト単位のようなので、
Aというファイルの翻訳結果を、Bというファイルの参考訳文として表示することもできました。


このため、

  1. 参考訳文
  2. 機械翻訳
  3. 用語集
  4. Web検索(または辞書)

という優先順位で参考にしていけば、
ほとんどOmegaT内で翻訳作業を進めつつ、
かつ、一貫性のある訳文を作れることになります。


ここまで書いていて気づいたのですが、
この原文・翻訳結果の蓄積こそ、翻訳メモリの本質なんですよね。
いわゆる、翻訳を生業としている人たちのノウハウとも言えるべきもので、
高い品質、短い納期を実現するためには、必須のものだと言えそうです。


まあ、僕みたいな素人翻訳者にとっては、
便利機能くらいの認識で十分ですけどね。


ちなみにOmegaTのドキュメントを読んだところ、

  • 原文・翻訳結果 → 翻訳対
  • 翻訳対の集まり → 翻訳メモリ

という定義のようです。