プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

iTunes@Macbook Airで映画レンタルして、大画面テレビにミラーリングする。

なぜiTunesで映画レンタルするのか

ネットで借りてポストに返却とかありますが、
それよりも圧倒的に手間が少ないからです。
ワンクリックで決済が完了し、十数分以内にダウンロードが完了し、
すぐに見始めることができます。
そして返す手間がなく、期限が過ぎれば自動的に見られなくなります。


デメリットは、まだまだ作品数が少ないということと、
通常の店舗で借りる場合や、ネットで借りてポストに返却システムに比べて、
割高であるという点です。

なぜ液晶テレビミラーリングするのか

iTunesレンタルした映画は、Macでダウンロードして、Macで見ることもできます。
が、複数人で見るときは、やっぱり大画面テレビですよね。

システム構成

先日Mini DisplayPortオス→HDMIメス変換ケーブル購入で書いたのと同じです。

Macbook Air -> Mini DisplayPortオス→HDMIメス変換ケーブル -> HDMIケーブル -> テレビ

設定

ディスプレイの設定と、音声出力の設定の両方があります。

ディスプレイの設定

ミラーリングする設定にして、Mac側でiTunesをフルスクリーンにすると、
テレビにもフルスクリーンで表示されます。
設定方法は以下のサイトに書いてあります。

Mac OS X: 複数のディスプレイに同じ画像を表示する方法(ミラーリング)

音声の設定

システム環境設定からサウンドを選び、出力をHDMIに設定する。

結果


(それでもボクはやってないの1シーン)

AppleTVでいいじゃん

っていうツッコミはなしで。
いや、とりあえずあんまりお金かけたくなかったってだけです。