プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

Subversionでコミットする時のルール

以下の手順を踏むのが正しいと思っている。

  1. 更新(svn update)する
  2. 競合が発生したら、競合を解決し、再テスト
  3. ベースリビジョンとの差分を見て(セルフソースレビュー)、無駄な修正(プリントデバッグとか、ホワイトスペースのみの修正とか)があれば、修正し、再テスト
  4. コミットする

競合はともかくとして、セルフソースレビューしないやつは信用できない。
これまで幾度も、無駄にタブや空行が入ったり、プリントデバッグが残ったものが、
差分として検出された例を見てきたので、辟易としている。
差分を取ったときのノイズでしかないんだよね。


gitの場合はpushするときの基本ルールってことになるのかな。
git真面目に使ったことないから分からない。。
いい加減、

入門git

入門git

を読まねば。