読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

プログラマの定年年齢を迎えました

プログラマ - Wikipedia / プログラマ定年説
Wikipediaにも載ってるんですね。知りませんでした。


最初にその都市伝説?を聞いたときは、まだまだ先の話だな、なんて思ってたわけなんですが、人生いやでも歳は重ねるように出来ているので、まあその日を迎えたわけです。
なんかある意味感慨深いですね。
ちなみに30歳定年説ってのもあるようですが、35歳の方です。念のため。


ここ数年は、キャリアパスが多様化してきたせいなのか、上の言説を否定する意見も結構見たり聞いたりすることが多くなってきたような気がしますが、まあ自分の実感から言っても、やっぱり都市伝説だと思います。
というか、今現在参加しているプロジェクトで実装してるし。


一方で、耳タコな話として、一部エキスパートを除き、コードだけ書ければいいってもんじゃないっていう話があって、ドキュメント書いたり、スケジュール引いたり、お客さんと話したり、メンバーと話したり、まあ色々あるけど、たぶん重要なスキルをずいぶんと身に付けてきたのだなあという実感もあったりします。


その努力の甲斐あってか、どうにか定年退職させられずに済んでいるわけで、まあ、今後もぼちぼち努力を積み重ねていきたいと思うこのごろです。