読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

裁断スキャンPDFを読む端末を、Kindle paperwhiteからkobo gloへ乗り換えました

手始めに、リーダブルコードを読んでみている。おおむね快適で、Kindle paperwhiteに比べても悪くないです。

裁断スキャンしたPDFを読むにあたり

  • 最適改造度は758*1024
  • cbzという形式で出力する
  • kobo gloとPCをUSBで接続して、作成したcbzファイルをルートフォルダにコピーすることで認識される

裁断スキャンPDFを読む端末として、Kindle paperwhiteに比べて良いと思うところ

  • ページめくりが速い(気がする)
  • 端末が軽い(気がする)
  • 端末のデザインがちょっといい(色はブルームーンをチョイスしました)
  • フロントライトのON/OFFをハードウェアボタンで操作できる

裁断スキャンPDFを読む端末として、Kindle paperwhiteに比べて悪いと思うところ

  • kobo gloとPCをUSBで接続した際、画面にいちいち接続しますか?的なのが出てきて、接続をタップしないとPC側に認識されない。一手間とはいえ、これは面倒。
  • cbzファイルを転送した直後、ファイル形式変換か何かの処理が走って、少し待たされる。


あと、意外と電子ブック楽天の品揃えが悪くないような気がします(検証してません)。割引になっている本が全面に押されているので、とりあえず読む本ないときには使えそうです。


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)