プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

情報処理の論文試験を乗り切るための必須アイテム

これです。

論文試験は2時間で最低2,200字を書かないといけない過酷な試験で、手指にかかる負担がこれまで問題になっていました。個人的には、まあそういうものだから仕方ないと思っていたんですが、よく考えたら、手が疲れないシャープペンシルとかっていうのもあるのでは?と思って探したら見つけた一品でした。
ITストラテジスト試験はこのシャープペンシルで臨みましたが、期待通り手指が疲れず、最後まで論文を書ききることが出来ました。

多少お高い感じもしますが、べらぼうってほどでもないので試してみる価値はあるのではないでしょうか。
ちなみに赤にした理由は、たまたま寄ったロフトに売ってたのが赤だけだったということです。こだわる人は、芯の太さも気にするようです。
しかし、なんでも現状維持でOKじゃなくて、考えてみることが大事ですね。