プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

Apple Developer Programに登録しなくてもiOS Devicesへのアプリインストールは可能ということを今更知るなど

というわけで、うちの長男氏が下記の本を読み進めてます。

小学生でもわかるiPhoneアプリのつくり方

小学生でもわかるiPhoneアプリのつくり方

XcodeからiOS Simulatorを使って、アプリの動作確認は出来るのですが、それだとイマイチ盛り上がりに欠けるわけで、実機で試してみたくなるのが人情です。
以前であれば、iOS Developer Program(今はApple Developer Programというのに統合されたらしい)にお金払って(1万円ナンボ/年)登録する必要があったのですが、実機へUSBで転送してインストールするだけなら、Apple Developer Programへの登録は不要ということを知りました。

Apple Developer Program
Apple Developer Program - Apple Developer

qiita.com

この記事読むと、2015年のWWDCで発表されたそうなので、1年半遅れの情報でしたね。。
まあ情報弱者っぷりはさておき、作ったアプリが実機で動くのは楽しい!
子どもにアプリ開発者になって欲しいとは思いませんが、プログラミングの楽しさを感じてもらえればとは思います。一緒にSwift勉強させてもらうのが良かったりして(汗)