プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

フレッツ光のホームゲートウェイが故障して交換した話

インターネットは遮断され、電話も通じなくなりました。。

 

初期診断でやったこと

  1. 最初はいつもの無線LANルーターの問題かと思い、無線LANルーターを再起動
    →ダメ
  2. もしや光ホームゲートウェイの問題かと思い、光ホームゲートウェイを再起動したのち、無線LANルーターを再起動
    →ダメ
  3. 光ホームゲートウェイにLANポートがあるので、ノートパソコンをそこにつないでみて、インターネットにつながるかどうか確認
    →ダメ
  4. 電話の受話器をとってみる
    →発信音が鳴らない

というわけで、光ホームゲートウェイの故障を確信したのでした。

 

f:id:taka_2:20170429130714p:plain

 

そして交換へ・・

幸い携帯電話は使えたので、どうにかサポート電話番号を調べて、色々連絡をとったところ、無料で交換してもらえることになりました。

(平日だったので、奥さんにやってもらい、詳しいことは知らない。)

まあ、インターネットだけじゃなくて、電話もダメってことを伝えれば、普通に交換の判断になるでしょう。

 

そして、今朝交換のホームゲートウェイが届いて設置することに。

Biglobeの場合はですが、フレッツのアクセスキーとかいうのはいらなくて、BiglobeのIDとパスワードがあればよいです。

 

Windowsをご利用のお客さま|サービス情報サイト接続方法|サービス情報サイト(NGN IPv4)|フレッツ光公式|NTT東日本|インターネット接続ならフレッツ光

あたりに書いてありますが、最初、ユーザ名=guest@v4flets-east.jp、パスワード=guestで接続するのですが、これは簡単設定ツールをダウンロードするサイトに接続するための仮のものです。

実際に他のサイトへ接続できるようになるためにはプロバイダから教えてもらうIDとパスワードが必要です。

(まあそらそうですよね。guestでつなぎ放題だったら課金できませんし。)

(参考)

フレッツ光回線対応コース/ビッグローブ光設定方法(OSのPPPoE機能)(Windows 7):BIGLOBE会員サポート

 

簡単セットアップツールの罠

http://flets-east.jp/soft/setup/

で簡単セットアップツールとやらがダウンロード出来るんですが、これがなぜかWindowsにしか対応しておらず、しかもMacやその他のOSでの設定方法も書いてない。

残念なことに、うちにはWindowsのノートパソコンはないので、デスクトップPCを運んで対応しました。

後から分かったことですが、たぶん、ユーザ名=guest@v4flets-east.jp、パスワード=guestのところを、ユーザ名=xxxx@biglobe.ne.jp、パスワード=yyyyにするだけだったと思います。

 

というわけで

無事復活しました。

不便は不便ですけど、家電話と固定回線のインターネットがなくても、生きてはいけますね。