プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

Java6で和暦

Java6では和暦サポートされてますが、これ日本人が実装してるんですね。
java.util.JapaneseImperialCalendar.javaのソースを見ると、

@author Masayoshi Okutsu

燦然と輝いてます。カッコイイ!
日付見ると、去年の今頃のようです。
使い方は、
http://blogs.sun.com/javaev/date/20070220
から飛べる、
http://mediacast.sun.com/share/okazaki/20061213_hottopic2_18N.pdf
のURL(pdf注意)で見られます。
ちなみに、java.util.Calendar#createCalendar(TimeZone, Locale)の中で、Java5までは無かった、ロケールを判断してJapaneseImperialCalendarを返す処理が追加されてます。