プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「どちらかが彼女を殺した」読了

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

やることないので読書しまくり@第五弾
東野圭吾の推理長編です。
設定自体はごく簡単。主人公(女性)が付き合っていたカレシを友達の女の子に紹介したら、いつの間にか取られていたというもの。
おいおい、なんで紹介するんだよ。ってのもあるのですが、二人は親友で、お互い恋人が出来たら紹介することにしていたそうな。それってそういうもんなの?
で、主人公の死体が部屋で発見されると。それを発見した主人公の兄が他殺であると感づくも、ややこしいことに警察には自殺であると見せかけ、みずから復讐を果たそうとする。
いやいや、普通に警察に他殺のセンで捜査してもらって、犯人逮捕されれば幸せだと思うのですが、なんだかそれじゃ納得いかなかったみたい。ほんとややこしい。
で、警察は一旦自殺の方向で処理するが、ここで出た「加賀恭一郎」って感じです。
加賀刑事は、自殺であることに疑いを持ち、粘着捜査を続ける。主人公の兄の自殺偽装を破るのと、犯人を捕まえるのの二つの仕事があって大変。。
犯人といえば、「主人公(女性)が付き合っていたカレシ」か「友達の女の子」しかいないわけで、本書のタイトルも「どちらかが〜」になっているわけですが、最終章のどっちが犯人か?やっぱり自殺?みたいなところのやりとりはなかなか激しくて読み応えありました。
が、結局誰が犯人だったとは書いてないのですね〜(汗
僕なんかは最後の最後の袋とじになっている解説を読んで、ようやく「ああ」って分かりました。
ほんと、最後の最後の最後まで犯人当てが楽しめる秀逸作品だと思います。