プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

「図解入門業界研究 最新旅行業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)」読了

一応仕事にも遠からず、近からず関係するということで、読んでみました。


つまり、仕入(ホテル、乗り物など)を行い、それらをパッケージツアーとして販売するのが主な仕事で、
その差額が利益として上がってくるというのがビジネスモデルのようです。
いかに組み合わせにテーマ性(女性向け、シルバー向け、修学旅行向けなどなど)を持たせるかや、
顧客のニーズに合わせたコンサルテーションが出来ることが重要とのことで、
高度な情報システムを求められる予感がします。


しかしこの本を読んでびっくりしたのは、楽天トラベルの利益率の高さです。
本書には、2005年度の情報が載ってますが、最新の情報を見てみると、
http://www.rakuten.co.jp/info/ir/documents/results/
平成21年1月1日 〜 平成21年3月31日の四半期で、
売上高: 4,223(百万円)
営業利益: 1,812(百万円)
となっていて、なんと、営業利益率42.9%という高利益率。


本書の最初の方では、販売価格は大体決まってくるので、
仕入力がモノを言う世界である。
利益率は上がらず、薄利多売になる傾向にある。
というようなことが書いてあるのですが、楽天トラベルはすごいです。