プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

あいかわらず破壊行為

しかも今回は共通部品を壊してくれたらしい。
ディレクトリ名とフィルタを渡すと、フィルタに合致するファイル名の一覧を返してくれるような共通部品があったのですが、一つもファイルが見つからない場合、いままでは空の配列が返ってきていたのに、何故かnullが返却されるような実装に変わっていました。
で、問い詰めてみたところ、あーだこーだいい訳はするものの、一向にバグを埋め込んだことを認めない。まあ、追及したところで疲れるだけだし、もういいやとか思ったわけですが、影響調査を考えない修正はやめて欲しいものです。