プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

「超整理法」

「超」整理法1 押出しファイリング (中公文庫)

「超」整理法1 押出しファイリング (中公文庫)

昔流行ったやつを、相変わらずブックオフで105円で買ってきて読んでます。
乱暴に言えば、従来の分類による整理はダメで、最終利用時間順に並べろっていう方法らしい。
分類うんぬんの話を読んでいたとき、論理モデルの作図作業に似てるなぁ。とふと思った。
人によってカテゴライズの感覚なんて違うし、それを一つの図にしようってのがそもそも無理なんじゃないかとさえ思えてくるこのごろ。
そういえば、ソーシャルブックマークとか、いわゆるWeb2.0系なサービスにタグ付けってのがありますけど、あれなんかは多数の人がカテゴライズするっていうところに、「あえて一つにしなくてもいいんじゃない?」っていう肩の力を抜いたところに良さがあるのだと思う。
雰囲気的には、クイズミリオネアのオーディエンスみたいな。
話を戻して超整理法なんですが、やってみようかなと思うと同時に、分類整理に慣れている身としては、怖いなあと思うことしきり。ものは試しってやつですかね。(まだ全部読み終わってないですけど)