プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやる

AT&T details 4G plans [updated]を訳してみた。

4Gっていうのがセンセーショナルだったので、釣られてしまった。
結果はいわゆる4Gじゃなくて、AT&T的に、LTEとHSPA+は4Gですって言ってみましたってことだった。。
ただ、Android 3.0の話とか出てるので、色々期待できる内容だったと思います。


せっかく訳したってのもあるし、
誰もダブルチェックしないと思うので、平然と載せてみる。
他の日本語訳は、

辺りが近い記事を載せてるっぽいです。(AT&T and 4Gでググった)

AT&TのCEO Ralph de la Vegaは、火曜日にラスベガスで開催のConsumer Electronics Showで基調講演を行った。焦点は間違いなく4Gだった - 今日は、以前報告したように - de la Vega は、来るべきエキサイティングなデバイスを誇示するためにMotorola Mobility CEOのSanjay Jha、HTC CEOのPeter Chou、Samsung CEOのJ.K.Shinが加わりました。いくつかのハイライトがありました:

  • AT&TLTEの展開を加速している - 今年後半にLTEのサービスを開始し、2013年までにその展開を完了する。
  • AT&TのHSPA+は"4Gの速度"を提供しており、AT&Tネットワークのほぼ100%に展開されている。
  • 20個の新しい4Gのデバイスは、モデム、モバイホットスポットや携帯電話などがあり、今年導入される。
  • [更新]de la Vega は、今年"4G"のデバイスを展開するためのメーカーリストにAppleを含めている。
  • モトローラATRIX 4Gは、今年展開される:4GのLTEAndroidのOS、1GHz以上のデュアルコアプロセッサ、1 GBのRAM、1930 mAhバッテリ、-10.9ミリメートルの厚さ、HTML5をサポート。
  • ATRIX 4Gは、基本的に完全なノートブックサイズのスマートブックに電話を回すラップトップのドックを持って - 、非常に魅力的で奇妙な - ホームエンターテインメントドックです。
  • HTC Inspire 4G:新しいHTCのセンスのUI、HTCSense.comサポート、4.3インチディスプレイ、Android 2.2 OS、物理的な場所の認識(ポケットやバッグで大きな音で電話が鳴ったとき、取り出したときに静かにする)、HTML5のサポート。
  • Samsung Infuse 4G:AT&Tの最も薄いスマートフォン、4.5インチのSuper-AMOLED Plus ディスプレイ、Android 2.2 OS、8メガピクセルのリアカメラ、ビデオチャット用フロントカメラ、HTML 5サポート。
  • AT&Tの最初の"4G"タブレットは、Motorolaからまもなく発表されます:デュアルコアTegra2、10.1インチディスプレイ、Android 3.0 Honeycomb OS。
  • 最初のLTEタブレットは今年出ます。
  • 12個の新しいAndroidバイスが今年出ます。
  • BlackBerry Torchの売上高は上昇し、Windows Phone 7の売上高は、発売以来、着実に増加している。

これらの素晴らしい新しい4Gスマートフォンを言及するタイミングについて、5〜7のHSPA+のデバイスが、今年の上半期に発表され、モトローラのATRIX 4G、HTC Infuse 4G、Samsung Infuse 4Gは、それらの間になるでしょう。本日のアナウンスに関連した、AT&Tの完全なプレスリリースを期待して待ちましょう。


更新:AT&Tが、HSPA+とLTEの両方を"4G"と呼ぶことにしたばかげた決定は、既に問題を引き起こしている - AT&Tは、iPhoneに関連するLTEの発表が行われなかったことを知らせるために私たちに連絡を取った。見たところでは、de la Vegaは"4G"について述べたが、AppleLTE"4G"に言及しなかった。