プログラマとプロマネのあいだ

プログラマもやるし、プロマネもやるし、たまに似非アーキとか営業っぽいこともやるITエンジニアがスキルアップの話を中心に日常を綴るブログです。

サイズの大きい(50MB)pdfをiPhoneに転送する方法とpdfリーダーの話

何が問題か

サイズが小さい場合(20MBくらいまで?)は、以下の方法で出来ました。

  1. pdfファイルをGoogle Driveに保存する
  2. Google ChromeアプリでGoogle Driveサイトを開く
  3. 右下の方に「次のアプリで開く」が表示されるのでタップする
  4. iBooksを選択する

これが200MBだと、3の次のアプリで開くまでは行くのですが、うまくiBooksで開けません。Kindleとか、Acrobat Readerも試したのですが、同様でした。Good Readerだと大きいファイルサイズも扱えるらしい?試してないです。

とりあえずファイルサイズを小さくしてみた

とりあえず200MBはデカすぎでしょうってことで、ファイルサイズを小さくしてみることに。これはAdobe Acrobat

文書 -> ファイルサイズを縮小

で簡単にでき、58MBまで縮小されました。ただ、上記の手順でiBooksで開けない状況は変わらず。

アプリを変えてみた

Google Driveがダメなら、One Driveだということで、以下の手順を試してみました。

  1. pdfファイルをOne Driveに保存する
  2. One Driveアプリでpdfファイルを開く
  3. コンテキストメニューから別のアプリで開くを選択
  4. iBooksを選択する

これでうまくいきました!One Drive最強ってことで。

iPhone/iPadのpdfリーダーアプリは何が良いのか?

昔はGood Readerとか流行ってましたが、今はiBooksか、Kindleがよさげです。特に、Kindleはストアから購入する本を読むのにも使えますが、pdfを読むのにも安定して読めるのでおすすめです。